最新の治療技術

最新のインプラント治療

サイナスリフト(Sinus List)上顎洞挙上術

サイナスリフト(Sinus List)上顎洞挙上術インプラント体を確実に骨と結合させるには、十分な骨の幅や厚みが必要になります。上顎の臼歯部の上は、上顎洞という空洞のため骨量がないケースが多いです。上顎にインプラントを挿入するスペースをつくるため、骨が薄い部分の上顎洞に自家骨や骨補填剤を置き、そこに骨を作り、顎の骨量を増す最新の治療法です。サイナスリフトの場合、1~3mmの空洞に対して行います。上顎骨は下顎骨に比べて骨吸収の量が多くなりがちで、インプラントを埋入する際に骨量が少ない場合、用いられる治療法です。

ソケットリフト(Socket Lift)

ソケットリフト(Socket Lift)"インプラント体の挿入口から移植骨や骨補填材を挿入して、より簡便で安全に上顎洞の底部分を押し上げる最新のテクニック 法です。上顎の骨には空洞(上顎洞)という骨のない部分があり、そこに骨の代わりになる充填材料を埋めることで今までインプラントが不可能だった部分へのインプラントの埋入が可能になります。ソケットリフトは空洞が3~7mmの場合に行います。ただし上顎洞炎(蓄膿症)や骨の状態等により手術が不可能な場合もあります。

リッジエクスパンジョン

リッジエクスパンジョン骨幅がせまい所を広げる方法です。歯槽骨を押し広げたい部分の歯槽骨頂からバーで切り込みを入れます。専用の器具を切り込みに挿入し、徐々に骨を押し広げていきます。インプラントを埋入出来る位に押し広げてからインプラントを埋入します。

PRP法

PRP法インプラント技術の進歩により、難症例も対応できるようになりました。例えば上顎奥歯の部位で骨の高さが足りない場合は、造骨技術によりインプラントが可能になります。これも、以前は御自分の顎骨や腸骨を採取したりしていましたが、最新の治療では人工の骨補填材と御自分の採血した血液から分離させた血小板を多く含んだ血漿(PRP)を混ぜることにより、造骨が可能になりました。なぜ、PRPが創傷治癒のために用いられるのでしょうか。活性化した血小板は創傷の治癒や骨の造生に関与する成長因子を分泌します。欠損部に血小板を豊富にすることによって治癒期間の促進をはかることができます。

GBR(Guided Bone Regeneration)骨再生誘導法

GBR(Guided Bone Regeneration)骨再生誘導法吸収したり破壊されたりしている歯槽骨を再生させる最新の方法です。まず歯槽骨が吸収あるいは破壊された範囲を専用の膜で覆います。これは、骨の組織を再生させたい部分に、歯肉などの軟らかい線維性の組織細胞を混入させないためです。次に、膜の上から歯肉をかぶせるように戻します。歯槽骨が再生されるべきスペースが確保されていれば、破壊された歯槽骨は徐々に再生されてきます。数ヶ月で、未熟ながら新しい歯槽骨が再生されます。インプラントを支柱にして専用膜のテントを張ることができれば、比較的容易に骨の誘導再生が可能です。ただし、治療中は徹底した口腔衛生管理が必要になります。

オールオンフォー

オールオンフォーリスボン(ポルトガル)のClinica MaloのDr.Paulomaroによって開発された「オール・オン4」は、臼歯部に傾斜角をつけてインプラントを埋入し、固定式補綴物を装着する最新の治療法です。これによって、ブリッジに対する補綴支持を容易に得ることができ、個別に作製されたブリッジは、術後数時間以内には機能するようになります。

抜歯即時インプラント

抜歯即時インプラント事故などで歯根が折れてしまったり、ブリッジや差し歯がだめになって抜歯をすると、歯肉に抜歯痕が残ります。インプラントで欠損部分を補う場合、通常は、抜歯後の穴がふさがるまで待ってから治療を行います。しかし、この最新の治療法、抜歯即時インプラントでは、抜歯とインプラント埋入を同日に行うことができます。

無料相談会カウンセリング実施中

かつらぎ歯科医院では、月に一度日曜日に無料相談会を開催しています。

ご予約・ご相談・資料請求はこちらをクリック

かつらぎ歯科へのお問い合わせ

0745-71-8288
休診日
木・日祝日
診察時間
9:30〜18:00
かつらぎ歯科医院での受診 オンライン予約はこちら

インプラント治療体験談

インプラント治療体験談イメージ

実際にインプラント治療をお受けになった患者様の体験談を紹介しています。

詳しくはこちらをクリック