治療について

メリット・デメリットについて

歯を失ってしまった場合、『インプラント(人工歯根)』『入れ歯』『ブリッジ』・・・どれがベストな治療方法でしょうか?

ブリッジは入れ心地は悪くないし、セラミックを使えば審美性にも優れています。しかし、両隣の歯を削らなければなりません。入れ歯は、歯を削りませんが、痛みや異物感があります。人工歯根治療は治療費が高額になり、埋め込みの手術も必要です。

このように、インプラント・入れ歯・ブリッジの治療方法にはそれぞれ長所(メリット)・短所(デメリット)があります。担当のドクターとしっかり話し合って、自分に一番合った治療方法を見つけてください。

その際、治療計画書などで提示していただくほうがよいでしょう。治療内容や費用がよくわかりますから、後々のトラブルを回避することができるでしょう。

メリット

  • インプラント治療は見た目にも自然であり、美容にも効果的です。
  • インプラント治療は人工の歯が骨となじみ、違和感がなく、骨の中にしっかりと固定されるためガタついたりしません。
  • インプラント治療は入れ歯治療やブリッジ治療と違い、口の中に不快感が残ったりしないため、話がしにくいこともありません。
  • インプラント治療は天然の歯の約80%程度の噛む力が戻るため、自分の歯のように噛めるようになり、固い食べ物もおいしく食べることができます。
  • インプラント治療は従来の入れ歯治療などとは違って、『インプラントは一生もの』と考えられる治療法といわれています。
  • インプラント治療は従来のブリッジ治療と違い、周りの歯を傷つけません。
  • インプラント治療はインプラントが顎の骨に力を加えますから、顎の骨が痩せるのを防ぐと言われています。
  • インプラント治療は従来の入れ歯治療やブリッジ治療と違い、周りの歯に食べかす等が付着しにくいため、周りの歯の虫歯が従来の入れ歯治療やブリッジ治療と比較して出来にくいものとなっています。

デメリット

  • インプラント治療は歯をぬくのと同じ程度の手術が必要です。
  • 強度の糖尿病などの疾患の場合、インプラント治療が出来ないことがあります。
  • インプラントは歯触りがにぶいです。
  • インプラント治療は現在、保険制度がないため、自由診療となる分費用がかかります。
  • インプラント治療は、お口の衛生状態の悪い方、骨の量や密度が十分でない方、心臓病・糖尿病などの全身疾患のある方、妊娠中の方は治療が制限される場合があります。
  • インプラントを維持するためには十分な口腔衛生の管理と定期的な検診が必要です。
  • インプラント治療は上顎で7~8ヶ月、下顎で3~5ヶ月という比較的長期間の治療期間が必要となります。

無料相談会カウンセリング実施中

かつらぎ歯科医院では、月に一度日曜日に無料相談会を開催しています。

ご予約・ご相談・資料請求はこちらをクリック

かつらぎ歯科へのお問い合わせ

0745-71-8288
休診日
木・日祝日
診察時間
9:30〜18:00
かつらぎ歯科医院での受診 オンライン予約はこちら

インプラント治療体験談

インプラント治療体験談イメージ

実際にインプラント治療をお受けになった患者様の体験談を紹介しています。

詳しくはこちらをクリック