患者様へ

よくある質問

患者様から寄せられるQ&A

回答

インプラント治療を行うのに痛みはありますか?
インプラント手術は、十分な局所麻酔下で行うため、痛みは抜歯と同じ程度ほとんどありません。また、歯科医院によっては痛みを軽減する様々な療法を行っていますので、担当医に相談してください。
質問のトップへ
治療期間はどのくらいですか?
手術自体は数時間で終了し、入院の必要はありません。術後は経過観察のために通常4〜6ヶ月間の通院が必要です。ただし、症状によって治療期間が異なりますので、事前に担当医に確認してください。
質問のトップへ
費用が高いと聞きましたが?
症状や治療の内容により負担費用額はことなります。インプラント治療には健康保険が適用されませんが、医療費控除の対象になることもあります。また、歯科医院によってはローン利用が可能な場合もあります。インプラントは適切なアフターケアを行えば、長期に渡って機能しますので、一概に高いとは言い切れないでしょう。
質問のトップへ
面倒なアフターケアは嫌なのですが?
特別なアフターケアの必要はありません。インプラントは普通に歯磨きをし、半年または年1回の定期検診だけで、長期に渡って使用できます。40年以上経っても問題なく機能している実績もあります。
質問のトップへ
インプラントはどのくらい持ちますか?
インプラントは、虫歯にはなりませんが、歯周病にはなります。毎日のホームケアと定期的なケアさえしっかりしていれば問題ないです。しかし、他の歯が抜けたり、噛み合わせで負担がかかるようなことがあれば、注意が必要です。現在、平均寿命が約80歳と言われていますが、お口の永久歯は28本中7本しか残っていないのが現状です。失われて歯のところにインプラントをすることで、他の永久歯の寿命も長くなります。10年・20年と一生歯の寿命を延ばすことが、健康を保つ秘訣です。
質問のトップへ
私の新しい歯は、他の私自身の歯と同じように見えるのですか・・・?
もちろんです。その違いは、通常では歯科医師しかわからないほどなのです。本当に天然の歯のような仕上がりなのです。
質問のトップへ
本当に自分の歯のような感じですか?
もちろん!インプラントは、骨の中に埋入することで、自分の歯のように咀嚼したり、外見を気にすることなく話したり、笑ったりすることができるのです。以前あった皆さんの歯と、まったく同じ役割を果たしてくれます。そして、驚くことは、ほとんどの人たちが自分の歯とインプラントの違い、違和感を感じることすらないのです。
質問のトップへ
私の他の歯は、そのまま維持できますか?
はい。インプラントは、他の健康な歯を傷めることなく、無くなってしまった歯を補充することができるのです。従来のブリッジや義歯とは違って、隣り合った歯を削ったり、被せ物をする必要がないのです。
質問のトップへ
インプラントに、リスクはありますか?
たくさんの臨床研究では、長期的な治療において、とても安定した臨床結果がでています。他社とは違う特異的なコンセプトに加え、”Tioblast”を採用した表面加工により、とても強固な安定性が保障されているのです。インプラントのねじ部分が、骨の維持と、そのインプラントの保持に大きく貢献しています。このような理想的な構造がすべて、軟組織の自然な豊隆を保つために役立っているので、自然な外見を保つことが出来るのです。
質問のトップへ
なぜインプラントは、チタンでできているのですか?
チタンは生体への親和性に優れ、オステオインテグレーションとして知られる現象により、骨がチタンヘと馴染んでいくのです。
質問のトップへ
何回くらい治療に通うのですか?
それはあなたの歯、そして治療法によって変わってきます。オペが一回で済む人もいれば、二回の人もいます。最初の検査、外科的処置、消毒、型取りやその後のメンテナンスなど、6回から8回の段階的な治療が必要です。
質問のトップへ
手術は全身麻酔ですか・・・?
普通は違います。鎮静法と局所麻酔の組み合わせで十分です。担当歯科医と相談しましよう。
質問のトップへ
治療中は歯がないままになってしまうのですか?
いいえ、仮歯を入れることは可能です。しかしながら骨移植が必要な場合には、局部に圧力をかけたりするのは、しばらく控えたほうがいいこともあります。
質問のトップへ
新しい歯はどのようにお手入れしたらいいのでしょうか?
よりよい治療結果を生むためには、よくブラッシングをしてデンタルフロスをかけることが必凄です。担当歯科医から指導があります。
質問のトップへ
会社や学校は何日くらい休んだらいいですか?
術後に腫れたり、アザができたりすることがありますが、通常、ほとんどの人は翌日には会杜学校に戻っていきます。
質問のトップへ
禁煙しなくてはいけませんか?
禁煙は強く推奨されます。タバコは創傷治癒を遅らせ、長期的に見れぱ症状を悪化させる恐れがあります。あなたの天然歯と同じです。研磨剤の入った歯磨き粉で着色は防げます。
質問のトップへ
インプラントの義歯と従来の義歯との違いは何ですか?
従来の義歯に比べてインプラントを使った義歯は、本当の歯のような噛み心地、機能が回復します。もちろん自信を持って話し、笑い、食べることができるのです。快適で動かない義歯は、隣にある歯を傷つけることもないのです。
質問のトップへ
どんな治療結果が期待できますか?
インプラントの歯とご自身の歯は、ほとんど見分けがつきません。フルブリッジの場合には、歯茎とブリッジの間にわずかなスペースができますが、これはほとんど外から見えません。またこのわずかなスペースによって、日常のお手入れを簡単にしてくれるのです。
質問のトップへ
なにか問題が起きることはありますか?
最初のころには、それまでと違い発音しにくく感じる患者さんがいます。これは、数日の間で慣れてしまうようです。このような問題も、従来のブリッジや義歯に比べると少ないと言えるでしょう。
質問のトップへ
何でも食べられますか?
もちろんです。食べ物に関しては、天然歯とインプラントの問には、何の違いもありません。もしもあなたが以前の義歯で食べ物に違和感を感じていたとしたら、新しいインプラントの歯の機能効果に、とてもうれしい驚きを感じることでしょう。
質問のトップへ

無料相談会カウンセリング実施中

かつらぎ歯科医院では、月に一度日曜日に無料相談会を開催しています。

ご予約・ご相談・資料請求はこちらをクリック

かつらぎ歯科へのお問い合わせ

0745-71-8288
休診日
木・日祝日
診察時間
9:30〜18:00
かつらぎ歯科医院での受診 オンライン予約はこちら

インプラント治療体験談

インプラント治療体験談イメージ

実際にインプラント治療をお受けになった患者様の体験談を紹介しています。

詳しくはこちらをクリック